Excelで和暦表示する(新元号令和対応)

Excelで和暦表示する(新元号令和対応)

2019年05月01日に元号が改まり、「令和」となりました。

Excelで和暦を表示している場合、Windowsアップデートを

適用することで「令和」を表示してくれたのでシェアします。

Excelで和暦を表示する

対象のWindowsアップデート適用手順の前に、Excelで和暦を表示する方法を記載します。

「ホーム」タブからセルの表示形式で「その他の表示形式」を選択

「表示形式」タブの分類で「日付」を選択、カレンダーの種類で「和暦」を選択

ちなみに「種類」でアルファベット表記と、漢字の表記が選択できます。

日付形式(yyyymmdd)を入力すると和暦に変換されます。

(アルファベット表記)
 ⇒ 

(漢字表記)
 ⇒ 

新元号に対応する為、Windows Updateを適用する

適用するWindows Updateはこれ。

Microsoftが詳細情報を公開しています。

元号はレジストリで管理しており、レジストリを更新するアップデートのようです。

適用後下図の通り、令和に対応されました。

(アルファベット表記)
 ⇒ 

(漢字表記)
 ⇒ 

 

まだまだ見慣れないですね。

IT系の雑記カテゴリの最新記事