jQueryUIのダイアログをPromiseを使って同期的に処理する方法の解説

jQueryUIのダイアログをPromiseを使って同期的に処理する方法の解説
                 
最終更新日から90日以上経過しています。

jQueryUIのダイアログで、ダイアログ内のボタンクリックをトリガーとして待つような書き方に戸惑ったのでシェアします。

結論としては、「ボタンのクリックイベントをどこに定義するか」に気をつければキレイに書けました。

動きの確認

やりたい事は、以下のような流れで処理を行いたいです。

  1. ダイアログの表示ボタンをクリックする。
  2. ダイアログが表示される。
  3. ダイアログの閉じるボタンをクリックする
  4. ダイアログが閉じる。

以下実際の動き。単純なダイアログ。

コード

解説

index.html

html側はボタンの定義と、ダイアログ部分の定義のみ。特筆すべき所は無いかなと思います。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <link rel="stylesheet" href="https://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jquery.ui/1.12.1/themes/black-tie/jquery-ui.css">
    </head>
    <body>
        <button id="open-dialog">ダイアログ表示</button>
        <div id="dialog" style="display:none">
            <button id="close-dialog">閉じる</button>
        </div>
        <script type="text/javascript" src="https://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jQuery/jquery-3.4.1.min.js"></script>
        <script type="text/javascript" src="https://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jquery.ui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>
        <script type="text/javascript" src="./script.js"></script>
    </body>
</html>

script.js

ダイアログの表示/非表示処理を書くJavaScript側。ポイントは、ダイアログ表示/非表示処理部分を丸ごと別関数にして、その中でクリックイベントを定義、Promiseを返す。

jQuery.noConflict();
(function($) {
    const confirmDialog = function() {
        $("#dialog").dialog();
        return new Promise(function(resolve, reject) { 
            $("#close-dialog").click(function(e) {
                $("#dialog").dialog("close");
                resolve();
            });
        });
    };

    $("#open-dialog").click(function(e) {
        console.log("ダイアログを表示しました");
        confirmDialog().then(function(resp) {
            console.log("ダイアログを閉じました");
        });
        console.log("ここの処理は先に実行されてしまう");
    });
})(jQuery);

幾つかconsole.log()を書いていますが、期待した通りに表示されている事がわかります。2個目のログで出力されているように、Promiseチェーンの外に書いた処理は先に実行されるので注意。

script.js:14 ダイアログを表示しました
script.js:18 ここの処理は先に実行されてしまう
script.js:16 ダイアログを閉じました

 

JavaScriptカテゴリの最新記事